乾燥しやすい部位を知って重点的にケアしよう!

空気が乾燥する冬場は、1年のうちでももっともお肌が乾燥しやすい季節です。なかでも、乾燥しやすい部分とそのお手入れ方法をきちんと知っておくことが大切です。お肌を乾燥から守って、うるおいのあるきれいなお肌を作っていきましょう。

顔の部位で、乾燥しやすいパーツってあるのでしょうか?肌のうるおい成分と言われている皮脂は、毛穴から分泌されますので、一般的に毛穴の少ないところはほかの部位とくらべて乾燥しやすいといわれています。

まずは、「目元」です。目の周りの皮膚は、顔の中でももっとも薄いようです。敏感な部位ですので、クレンジングや洗顔の時に強くこすってしまうと、皮脂が失われ、シワができたり黒ずんでしまうことがあります。比較的、皮脂の分泌が少ない「頬」も乾燥しやすい部位です。頬の毛穴がぽつぽつと目立ってきたら要注意です。乾燥するとハリが失われるため、過剰な洗顔には注意し、十分な保湿をおこなう事が大切です。さらに、「唇」も皮膚が薄く、皮脂の分泌が少ないため乾燥しやすい部位と言えます。リップクリームやワセリンをこまめに塗って、乾燥を防ぐことが大事です。

こうした、乾燥しやすい顔の部位には、乾燥しがちな部位には、重点的に化粧水も乳液もクリームも、他の部位よりも多めにたっぷりとつけます。とくに水分の補給は重要なので、化粧水はたっぷり使うことが大切です。化粧水は軽くあたためた手のひらで、肌の奥にまでに押し込むような気持ちでていねいにお肌になじませましょう。

特に乾燥が気になる季節には、コットンや市販のパック用のマスクに、化粧水をたっぷり含ませて、保湿パックをするとよいでしょう。気を付けたい点として、コットンやマスクが乾いてしまう前にパックをはがすようにします。3~5分でよいでしょう。長時間放置してしまうと、かえって乾燥を引き起こします。パックした後は、乳液やクリームで、お肌に浸透した水分をしっかりフタしましょう。入浴中にパックをすると、毛穴が開いているため、さらに効果がアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>