カテゴリー別アーカイブ: ニキビ

ピーリングの効果

ニキビが治らない私は皮膚科に通う事にしました。自分で様々な種類のニキビ用のスキンケア用品を試してみましたが、ちっとも改善しなかったのです。

むしろ以前よりニキビが増えた気がしました。皮膚科にいくと、取りあえず今出来ているニキビを潰しましょうと言われました。

小さなレーザーで穴を開けてから、穴のあいたスプーンの様な器具でグッと押して中の膿みを出されました。レーザーなど当てられる事が初めてだったので、とても緊張しましたが思ったより痛みは少なかったです。それよりも、器具で患部を押される方がもの凄い痛かったです。ニキビを改善するために、塗り薬と抗生物質を出されました。少し改善したかと思っても、またニキビが出来てしまいました。

漢方薬も処方されたのですが、あまりにもクセがあるので私は飲み込む事が出来ずに断念してしまいました。良薬は口に苦しと言いますが、飲めていたら効果が出ていたのかというのは気になるところです。

次に勧められたのが、ケミカルピーリングでした。肌の表面を溶かして削る事により、肌の生まれ変わりを促すというものでした。薬剤で溶かすので、顔にピーリング材を塗られている数分は、ピリピリと痛痒い感覚が続きました。

濃度を上げながら、何回か行う事が効果が高いと言われました。3回目になると、以前によりも更に肌をピリピリとした刺激が感じられました。少し耐えられない位のピリピリ感に、今回で一旦ピーリングを辞めることにしました。その後はピーリングで薄くなっている皮膚を労るべく、保湿を念入りに行うようにしました。化粧水はたっぷりと保湿効果の高いものを使い、日焼けもしないように気を配りました。

するとピーリングの効果が出てきたのか、ニキビが出来なくなってきたのです。痛いけれど、頑張って耐え抜いた成果が出たのかなと思いました。ピーリングのせいなのか、その後は肌が乾燥肌になってしまった様です。しかし変わらずに保湿を心がけているので、乾燥によるニキビが出来ることも殆どありません。皮膚科に行って良かったと本当に思います。

思春期ニキビ

思春期はにきびで悩みましたし、私の周りにもにきびで悩んでいる子がたくさんいました。

ケアするためにあぶら取り紙を持って使っている子が多かったです。
だけど、頬とか額にすごい量の赤ニキビができている子を見ると、とても辛そうでした。本人はヒリヒリすると言っていました。

ニキビ対策として、洗顔をして皮膚を清潔にするというのがいい方法だと本人は知っていましたが、ヒリヒリするために思ったように洗顔できないそうで苦しんでいました。

そういうこともあるんだ、にきびがあまりにもひどい人は洗顔できないということを知りました。どうやってケアしていたかというと塗り薬です。薬局で売られている塗り薬を買って塗っていました。

それが気軽にできる方法で、ヒリヒリしないからいいよ!と言っていました。その子は中学に入学したとき、だれが見ても痛々しいほどのにきびがありましたが、塗り薬を使ってケアを続けていたら卒業のころには炎症が治まって、だんだんきれいになっていました。私の思春期の頃はというと、そこまでひどくはありませんでしたが、間違ったケアでニキビ跡を作ってしまいました。お鼻、額ににきびが出来ていて、気になって触ってしまいました。

それがいけないとわかっていてもつい触ってしまい、あるとき伸びていた爪に触れて、にきびが潰れてしまいました。

そのときは痛いって思いました。でも、時間が経つと痛みは治まり、潰れたおかげで目立たなくなってよかったと、かえって安心しました。

すると、何ヶ月もたってから潰した跡がでてきて、そこで初めていけないことをしたんだということがわかりました。それからは潰さないように、触らないようにしたけど、ずっと消えていません。ニキビは軽い人、重い人がいますが、どのニキビの人でもやってはいけないことは、私のように潰してしまうことです。それは、後々美肌に影響してくるので、後悔したくないならやっては絶対にダメです。気になっても触らないように薬をつけておくようにしましょう。