ニキビ対策でプロアクティブを使った結果

20歳くらいの時、プロアクティブのCMを毎日のように見ていて、これなら治るかも!と思って購入していました。

当時、ニキビが顔面全体に出ていて、治ってはまた別の場所に出て、常に顔が赤いような状態が続いていました。

CMでは、簡単なステップで治る!というような印象を受けたので、かなり期待して購入しました。

でも、当時届いた品物で、洗顔料にスクラブが入っているものがありました。

私は肌が弱く、スクラブなどで洗顔すると、逆にニキビが出ていない部分の肌を傷めてしまい、それでまたニキビが出来たり、肌全体の炎症がおこる・・・という悪循環を起こしてしまいました。

でも、継続的に使うことが大事だと思って、洗顔料は置いておき、化粧水などは使うようにしました。

化粧水のほうは、殺菌作用があるので、コットンにしみこませてパックにしたりすると翌日少しおさまることもありました。

でも、洗顔料は使えないし、ニキビがおさまることもなく、せっかく購入しているのに、もったいないなと思って利用をやめてしまいました。

今思うと、原因は私の肌がオイリー肌でのニキビではなかったから、合わなかったんだと思います。

どちらかというと、敏感肌で、少しでも肌に刺激のある化粧品を使うと、すぐに炎症を起こしたり、肌が荒れて逆にニキビが出たりしてしまうんです。

その当時は、プロアクティブのようなしっかりしたニキビ治療用の化粧品でダメだったので、どうしたらいいんだろうとかなり落ち込みました。

それ以前にも、ほかのニキビケア化粧品を買っていて、軒並み肌に合わなかったからです。

恐らく、多少肌が強い人であれば、プロアクティブはかなり効果的な化粧品なんだろうなと思います。

でも、敏感肌の人にはお勧めできません。

上記のサイトにもかいてあるように、大人ニキビと、思春期ニキビは全然別物で対策方法は違うのです。

敏感肌でも使えるような、やさしい化粧品で根気よくケアを続けられるほうがお金にも、自分の肌にもいいと思います。

私の場合も、敏感肌でも使えるような化粧品を使うようにして、保湿やサプリメントでビタミンを補給するようになって、多少ましになりました。肌に合う化粧品を使うことも、大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>